Laboryzr

LABORYZRは、認証試験機能が必要な場合に、直ちに使える組み込みシステム総合評価ラボとエンジニアリング研修を提供し、受動解析(サイドチャネル解析 - SCA)と能動解析(故障注入解析 - FIA)という2クラスの解析を実施します。

物理セキュリティ評価は、専門家にしかできないものなのでしょうか?

もはやそうではありません。LABORYZRは、技術者の知識と技能を包含した総合評価ラボを提供します。

 

セキュリティの専門家として、当社では、製品ライフサイクル全体にわたり、セキュリティ・バイ・デザイン(DFS)手法とセキュリティ評価を組み合わせることを推奨しています。

LABORYZRなら、組み込みシステムのICレイヤとソフトウェアレイヤの両方でセキュリティ評価を行うことができます。その際、VIRTUALYZRが、設計ソース自体が対象であるプレシリコン段階での評価を行い、ANALYZRが、実チップまたはデバイスに基づいたポストシリコン評価を行います。それだけではありません。LABORYZRには、ソフトウェア実装の評価に特化したCATALYZRというツールも備わっています。

キャプチャ

Laboryzrは、次の3つのツールと実験用機器を備えています。

– Virtualyzrは、IP(知的財産)の最初のソースコードから工場に送られる直前のSoCレイアウト(GDS2)に至るプレシリコン設計段階でサイドチャネルセキュリティを評価できる唯一のツールです。

– Analyzrは、工場から送られてきた実際の物理チップ/ボードに対する物理セキュリティ評価を行うツールで、SCA測定とFIA注入、その後の解析を行うためのすべての材料プラットフォームを備えています。

– Catalyzrは、VirtualyzrとAnalyzrの性能を補強するツールで、漏洩を検出することによって情報収集ステップを最適化し、注目すべき箇所をツールに伝えます。解析後には、結果を解釈し、組み込み評価の専門家としてヒントを提示します。

 

Laboryzrの役割はそれだけではありません。Laboryzrは、必要なツールをすべて備えた評価ラボと徹底したエンジニア研修も提供します。

 

つまり、実験環境と知識、そして技術をまとめて提供するのです。