Overview

LABORYZRは直ちに使える組み込みシステム総合評価ラボとエンジニアリングトレーニングを提供します。Passive解析(サイドチャネル解析 - SCA)とActive解析(故障注入解析 - FIA)という2クラスの解析が実施可能です。

物理セキュリティ評価は、専門家にしかできないものでしょうか?

もはやそうではありません。LABORYZRが技術者の知識とスキルトを組み込んだ総合評価ラボを提供します。

 

セキュリティの専門家として、当社では製品ライフサイクル全体にわたり、セキュリティ評価を組み合わせたDesign for Security(DFS)手法を推奨しています。

LABORYZRは組み込みシステムのICレイヤーとソフトウェアレイヤーの両方でセキュリティ評価を行うことができるツールセットです。VIRTUALYZRは設計データを対象としたプレシリコン段階での評価を行い、ANALYZRは実チップまたはデバイスを対象としてポストシリコン評価を行います。更に、LABORYZRにはソフトウェアの評価に特化したCATALYZRというツールも備わっています。

Laboryzr:ハードウェアとソフトウェアの先進的なセキュリティ評価プラットフォーム

設計者様へのメリットSecure-IC Designers
  • 設計段階から認証まで、End-to-Endのセキュア開発ライフサイクル評価が可能
  • 設計初期段階からセキュリティ脆弱性テストすることで、設計フローに”Design for Security”をシームレスに実装
  • SWとHWの”In-depth Security”テストが可能
  • 専門知識無いが設計者でもセキュリティの評価、問題の特定、設計コードの改善が可能

 

セキュリティ評価ラボ様へのメリット
Secure-IC Governments
  • あらゆるセキュリティ認証(FIPS, CC, etc.)に対応したラボを構築でき、デバイスのセキュリティ評価が可能
  • ハードウェアトロイ、ブラックボックス解析、リバースエンジニアリング等のテストが可能

Secure-IC Evaluate Laboryzr evaluation laboratory

 

Laboryzrは評価装置/ソフトに加え、以下を提供

技術的なノウハウ

お客様が独自で評価できるためのトレーニング

最新の専門知識を維持するための長期サポート

 

 

Laboryzrは次の3つのツールと実験用機器を提供します

  • Analyzrは、実際のチップ/ボードに対する物理セキュリティ評価を行うツールです。SCAやFIA等の解析を行う上で、必要な機能を全て備えた評価プラットフォームです。
  • Catalyzrは、Laboryzrの中でソフトウェアコードに対するセキュリティ評価とレポートをを生成する機能を提供しています。
  • Virtualyzrは、IPレベルのソースコードからテープアウト直前のSoCレイアウト(GDS2)までのプレシリコン段階で、サイドチャネル攻撃を解析、評価できる唯一のツールです。

 

Secure-IC Evaluate Laboryzr evaluation laboratory

 

Laboryzrを使えば、セキュリティ評価環境と必要な知識、スキルを手に入れることができます。