Active Shield

必要なセキュリティとパフォーマンスを手に入れよう
Secure-IC Security IP Active Shield

 

デジタル回路に対する攻撃は、デバイスの内部構造を直接改ざんすることで実行できます。 これらの攻撃は侵入的であり、信号へのプローブ、固定、チップ上の機能(メタル配線、トランジスタ)を削除、追加、または変更を試み機能変更をします

Secure-ICのアクティブシールドテクノロジーは、回路の敏感な部分にメッシュを配置し、メッシュの整合性をアクティブに監視することで、このような侵入的な攻撃を阻止するように設計されています。 この対策は、メッシュの下にあるメタル配線やトランジスタなどの回路を、次のような前面から検出されにくいアクセスや変更から保護します

  • 読み取ったり、等電位をフォースするワイヤーマイクロプロービング
  • ワイヤーカット(例:アラーム、TRNGのエントロピーソースの切断…)
  • ワイヤーの再配線
  • 焼いたヒューズの解除
  • ROM変更

侵入的な攻撃をさらに阻止するために、暗号化によって生成されたランダムなパターンを使用してメッシュをアクティブに監視し、整合性違反を検出します。 このテクノロジーを使用すると、攻撃者が検出を回避するために多くのワイヤを再配線する必要があるため、メッシュの変更と再配線は非常にコストがかかります。 さらに、シールドメッシュを通過するデータはブロック暗号によって出力されるため、攻撃者は予測できません。

 

主な特徴

  • 回路の敏感な部分にメッシュを配置し、アクティブに監視する耐タンパーソリューション
  • 暗号で生成されたランダムなパターンを使用して、整合性違反を検出
  • アンテナ効果対応
  • セキュリティ認証対応(Common Criteria含む)
  • フルデジタルで、スタンダードセルライブラリで設計
  • スクリプトを使ったメッシュデザイン
  • メッシュは、最上層のP / Gネットワークと調整可能(層を犠牲にする必要はありません)
  • 電力削減のためのクロックゲーティング対応
  • あらゆるプロセステクノジーへ移管可能
  • 小規模
  • 設計後のキャリブレーション不要
  • システムへの組み込みが容易

 

Active Shieldの詳細については、以下にお問い合わせください。

Contact us by completing the information below