Digital Sensor

必要なセキュリティとパフォーマンスを手に入れようSecure-IC Security IP Digital Sensor

 

ユニバーサルに統合されたフォールト攻撃センサー

暗号には、1つまたは複数の故障をデバイスに注入して、デバイスの機能動作を妨害する攻撃が行われます。 故障を注入するために一般的に使用される手法は、電源電圧、クロック周波数への注入、温度、レーザービームなどを照射することです。

特定の摂動攻撃検出専用のアナログセンサーとは異なり、デジタルセンサーは、フォールトインジェクション攻撃(FIA)に属するさまざまな脅威を検出するように設計されています

  • 入力クロック周波数(クロックグリッチ、オーバークロック):クリティカルパス違反を引き起こすためのクロック周期の短縮
  • 入力電圧(電力グリッチ、供給不足):組み合わせロジックの伝搬遅延を増やすための供給電圧の低下。
  • 温度(加熱):伝播遅延を増やすための温度の変更
  • 放射線(レーザースポット、ライトスポット、電磁):照射によってレジスターのビットセットまたはリセットを引き起こします

デジタルセンサーは、監視されているすべてのストレスをタイミングストレスに変換し、それを測定します。 脅威が検出されると、システムに脅威のレベルの測定値が提供され、ハードウェアアラームが発生させます

 

主な特徴

  • レーザー、EMFI、クロック、または温度のようなグローバルおよびローカルのフォールトインジェクションを検出します
  • 攻撃者による判別が困難(小規模)
  • リアルタイムのハードウェアアラーム
  • ヘルステストを組み込み、起動時およびオンデマンド時にIPのインテグリティを検証
  • 信頼性とセキュリティ性に確率モデル使った実証済みのテクノロジー
  • Secure-IC のSecurity Science Factoryで、グローバルストレス(クロックグリッチなど)とローカルストレス(電磁注入など)を使用して検証済み
  • セキュリティ認証対応(Common Criteria含む)
  • フルデジタルで、スタンダードセルライブラリで設計
  • あらゆるプロセステクノジーへ移管可能
  • 小規模
  • カスタマイズ可能な感度
  • クロックゲーティングに対応
  • いくつかのセンサーは、独自のバスインターフェースを中心に再グループ化可能
  • 設計後のキャリブレーション不要
  • DVFSサポート
  • システムへの組み込みが容易

 

Digital Sensorの詳細については、以下にお問い合わせください。

Contact us by completing the information below