Physically Unclonable Function

必要なセキュリティとパフォーマンスを手に入れようSecure-IC Security IP Physically Unclonable Function

 

暗号では、鍵は、平文を暗号文に、または暗号文を平文に変換するために暗号によって使用されます。 鍵は機密情報であるため、真のランダムソースによって生成され、侵襲的および非侵襲的な攻撃を回避するために安全な方法で保存される必要があります。 不揮発性メモリへのストレージは、鍵を取得されるリスクがあり、一つに決まった生成のため観察に基づいた攻撃に対して脆弱になります。 さらに、外部からの鍵の注入は3rd partyの支援を必要とし、鍵管理が複雑になります。

PUFセキュリティIPは、Physical Unclonable Functions(PUF)に基づく秘密鍵生成システムです。 秘密鍵は、PUFによってシリコンから抽出されます。これは、製造上のわずかな不一致によって引き起こされる固有の特性を使用して行われます。この技術的なばらつきがデジタル信号(情報のビット)に増幅されます。 PUFによって生成されたキーは読み取り可能ではありませんが、ヘルパーデータを使用して抽出されます。 この特徴的な機能により、キーを不揮発性メモリに保存する従来の方法と比較して、リバースエンジニアリング手法に対する真の保護が可能になります。

 

主な特徴

  • Secure-IC Loop-PUFテクノロジーは、標準のセルゲート遅延特性から静的にランダムなビットを抽出します。 これらは個々の特有のプロパティです(製造プロセス中に発生するグローバルかつミスマッチのバリエーション)
  • RAM 不使用
  • フォーマルセキュリティ検証済み(確率モデル)
  • 電圧、温度、経年劣化に関する確かな信頼性と、10⁻⁹よりはるかに低いエラー確率
  • セキュリティ認証対応(Common Criteria含む)
  • ランダム化を使用したキー抽出中のサイドチャネル観測から保護(PRNGの使用)
  • エントロピーソースは完全にデジタル化されており、スタンダードセルライブラリを使用して設計
  • 少量のヘルパーデータ:PUFは288ビットのヘルパーデータのみを使用して128ビットのキーを生成
  • 設計後のキャリブレーション不要
  • システムへの組み込みが容易

 

Physically Unclonable Functionの詳細については、以下にお問い合わせください。

Contact us by completing the information below