Virtualyzr

Virtualyzrは、プリシリコンセキュリティ評価専用のEDAソフトウェアツールです。このツールは、設計フローへの統合がしやすいことに加え、RTL、論理合成後、P&R 後ネットリストという設計フェーズ全般にセキュリティチェックポイントを設けることができます。さらには、IPまたはSoCレベルまでのEnd-to-Endで詳細なセキュリティレポートの生成が可能です。セキュリティの脆弱性は暗号、非暗号またはそれ以外の機能(バス、メモリ)から抽出されます。

 

次の2種類の解析が可能です。

  • ブラックボックスベース解析は、秘密情報が知られていない状態で、秘密情報の回復を試みます。これにより、攻撃者の能力、つまり、攻撃者がシステムを破るのに必要な時間を測定することができます。Virtualyzrは、SCAとFIAに対する最新で強力な解析を提供します。
  • ホワイトボックスベース解析は、秘密が知られているものと状態で、その秘密の挙動把握に焦点を当てます。この環境では、最新の物理攻撃研究によって開発された静的解析を持つVirtualyzrが、強力な解析機能を提供します。

 

Secure-IC Evaluate Virtualyzr Pre-silicon evaluation

Pre-silicon 評価

プリシリコン評価は市場への製品投入期間を短縮し、Tape out後の修正作業を削減します。現在は、設計データから実際のデザインの動きを再現することで、製品が市場でセキュリティの問題を発生する前に、その脆弱性に対処することが可能です。シミュレーションは実機評価解析のベストコンディションと同じ状態なので、実機評価で起こり得るノイズや計測の不一致が起こらず、完全な状態で解析ができます。

 

解析プロセスの概要について、次の3つのステップで説明します。

  • ステップ1

    デザインを解析したいレベル(RTL/論理合成後/P&Rネットリスト)でシミュレーションを実行し、シミュレーションしたトレースが得られます。ユーザーはVirtualyzrを用いてテスト対象のノードを選択し、プローブすることができます。

  • ステップ2

    シミュレートされたトレースは、いわゆるリーケージトレースの数学的消費モデルに基づいて解析および処理されます。このトレース結果が秘密鍵のような機密情報を取得する目的でハッカーに悪用されるセキュリティリーケージのイメージです。

  • ステップ3

    得られたリーケージトレースに対して高度な物理解析が行われます。ブラックボックス解析またはホワイトボックス解析という2種類の解析を行うことができます。